かわいい犬の動画サイトです

わんこの部屋

脱走“オオカミ犬”を捕獲 トウモロコシ畑の攻防(2021年8月17日)

2021/08/18
 



この記事を書いている人 - WRITER -

0

 脱走中だった「オオカミ犬」がついに発見です。捜索隊は犬の鳴きまねも・・・。捕獲作戦の一部始終です。

 一面のトウモロコシ畑。その周囲を大勢の人間が網を構えて取り囲んでいます。

 捜索隊:「右!くるよ!」「来た!来た!来た!」「いる!いる!こっち!」「いる!いますよ!ここに!」

 どうやらオオカミ犬は、この畑の中にいる模様。

 背の高いトウモロコシの茎が揺れれば、それが存在の証明。

 捜索隊:「手前、動いてます」「そこそこ」

 張り詰める緊張・・・。と、その時。

 捜索隊:「そこ、人人人人、それは人だよ」

 犬の姿を、空からも捉えようとドローンが飛ばされます。

 捜索隊:「これをもとに人と犬の位置が分かる。もっと右とか左とか指示してもらえれば」

 そうこうしていると・・・。

 捜索隊:「あ!いたいたいた」「そこ、そこ、そこ!」

 どうやら、見えている人には見えているようです。

 捜索隊:「は~い、ここまで来てます」

 そして、とうとう。

 捜索隊:「やった!とった!とった!」「飼い主!」「早く来て!」

 葉っぱ越しに確認できる犬の表情。オオカミと掛け合わせた「ウルフドッグ」とも呼ばれる犬種です。

 現場では、綱引きが始まりました。

 体長約75センチ、体重約40キロ。「エリカ」と名付けられた8歳の雌犬です。

 飼い主:「危ないですよ、気を付けて下さい、手。外したら危ないですわ。ロープは一瞬で切ります」

 自宅に到着したオオカミ犬。4人がかりで移動させます。

 飼い主によりますと、自宅敷地を柵で囲み、普段は放し飼いで飼っていたといいます。

 飼い主:「こんなご迷惑掛けてしまって申し訳ございませんでした。鍵しとるんですけど、どこから出たか分からないんです。完璧に育ててて、今までそういうことは一回もなかったんですけど」

 しかし、近所の人は・・・。

 近所の人:「同じ犬、2回目ですよね。しっかり管理してほしいなと」

 飼い主:「今まで1回出てますけど、その時はこの辺ウロウロして戻ったんですけど、いっぱい人が来たために怖くて臆病な性格なんで、帰ることができなかったと思うんです。えらい迷惑掛けてすみません」

 今後は、柵の管理などを徹底するとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© わんこの部屋 , 2021 All Rights Reserved.